馬房掃除

オリンピッククラブではその日の二鞍目に騎乗する馬の馬房掃除をする

馬房掃除の流れ・方法

トップページ(うまうまねっと)へ

クラブによって会員が馬房掃除をするところとしないところがあるらしいですが、オリンピッククラブではその日の二鞍目に騎乗する馬の馬房掃除がクラブ会員にお願いされています。一鞍目騎乗後にやります。おが粉で敷き詰められた馬房内で馬はぼろや尿をします。飼葉を食い散らかす馬もいます。そういった排泄物や汚れを掃除してあげて馬が気持ちよく休める状態にしてあげます。二鞍目にも馬装がある場合には掃除をする時間が取れず馬房掃除をやれないこともあります。(正確にはクラブでの張紙を確認したりスタッフへお尋ね願います。一度はスタッフに教えてもらってくださいね)。
オリンピッククラブでの馬房掃除の流れ・方法を以下に載せました。
◆掃除道具を集める
◆馬房で掃除するものは?
◆ぼろ等を捨てに行く
◆おが粉を補充する
◆掃除道具を集める
まずは馬房掃除に使う以下の道具を集めます。それぞれの道具の置き場はスタッフや会員さんに聞けば教えてもらえるでしょう。
  1. 一輪車
  2. かご(=ぼろみ?オレンジ色)
  3. 網かご(ぼろ振り分け用)
  4. スコップ
  5. ほうき
  6. くま手
◆馬房で掃除するものは?
馬の排泄物、汚れたおが粉/食べこぼした飼葉の除去が主な仕事です。排泄物はおが粉の下に埋もれているものがあるのでスコップで掘り返して探し出して取り除きます。

  1. 食べこぼした飼葉で綺麗なものは集めて入り口横に集め、汚れているものは取り除く
  2. ぼろを取り除く
  3. 尿で湿ったおが粉を取り除く
  4. 時間に余裕があれば最後に飼桶、水桶を洗い、水を入れ替える。(騎乗に遅れないように注意!無理しないで)

ぼろを取ってます →
くま手でかごにぼろを集めていきます。
かごで取り除いたぼろや汚れたおが粉と飼葉は一輪車に溜めていきます。
おが粉と混ざった小さめのぼろは網かごを使って振るいにかけます。
おが粉は落ちてぼろだけ残りました。
山盛りです。
一杯で済めば普通かと思いますが、かなりの量のぼろや尿で湿ったおが粉が残っていることがあります。前の人が馬房掃除を充分にやる時間がとれていなかった場合もありますので、馬のためにしっかり掃除してあげましょう。

それと馬房入り口付近にもはみ出しているおが粉などありますのでほうきで掃除していっしょに一輪車に入れましょう。
◆ぼろ等を捨てる
所定の場所に取り除いたぼろ等を捨てます。アリーナ、はにわ、パルコなど馬場ごとに捨て場はあります。スタッフに聞いてみて下さい。
◆おが粉を補充する
取り除いた分のおが粉は馬房に補充する必要があります。ぼろを捨てて戻ってくる足でそのままおが粉を取りに行きます。おが粉が積んである場所はだいたいぼろ捨て場の近く。
まずはおが粉を一杯補充。この日はこの後もう一杯補充しました。
ほうきやスコップで馬房におが粉を広げていきます。
万遍無く敷きます。
狭い馬房の中での作業でかなりのほこりが立つのでマスクを自前で用意している会員さんも見かけます。
完成です。
これで馬も気持ちよく寝られるかな?

時間に余裕があるなら飼桶と水桶を洗って水を新しいものに替えてあげましょう。

最後に
掃除道具を所定の場所に一つ一つ戻して終わりです。道具待ちの方がいれば一式渡してあげるのもいいですね。

「 乗馬をつづける 」のトップページへ       トップページ(うまうまねっと)へ


Copyright(C)since2003 http://www.umaumanet.com/, All Rights Reserved.