愛・地球博

トップページ(うまうまねっと)へ
 ・万博の本チケットはひと月より前に入手しよう!
今思えばひと月前で勝敗は付いてたのかもしれません。
事前予約はひと月前の日の朝9:00からできるがお昼にはほとんど予約は埋まってました。JRのみどりの窓口で買える新幹線往復万博きっぷと同時購入する万博チケット引き換え券はJTBなど指定業者で本チケットに換えておかないと事前予約で必要な番号が得られないです。使えないことにその新幹線往復切符はひと月前の日の10:00過ぎないと売り出されず、購入してJTBで引き換えなんてしてたらネットでの事前予約は11:00くらいからとなりいいところはもう予約で埋まっているでしょうね。

・トヨタ館
i-foot=ガンダムの足みたいな、ついにここまできましたか。i-footのような足ロボットはドラえもんにもでてきていたらしくそこまで時代はきたんですね。ロボットを着るというコンセプトに少し実感が沸いたてきたような、そんな感覚を呼び起こさせてくれましたよトヨタのパビリオンは。
・映像とユーモアの東芝、It'sオカマshow?
東芝館では自分の顔を取り込んでSF映画の出演者の顔部にCG合成をしてなんと自分が映画出演。ガーディアンという宇宙船を守ったり修理したりする隊長役で出演できてセリフ、見せ場も結構あり露出多くて満足。隊長だなんて私あんなマッチョじゃないですよ(笑)。ネットの書き込みサイトにもありましたが 自分の顔がどこにでてるかわかれば満足、 わからないと不満の評価みたいで友人は見つけられず唸ってました。しかし、声は声優だからいい声なのに顔が自分だとギャップに凹みます。友達に笑われたのはいいとしても(いっ、いやっ、やっぱり腹立つ、怒)もし見知らぬ人に爆笑でもされたらすごく凹むだろうなぁ・・でもまぁ全体的に笑えるからよしとしよう(と自分に言い聞かせる)。あきらかに男性の顔なのに声が女性だったりその逆だったりで、やっちゃったって感じですねーーもう、オカマshowですか(爆)。紳士の東芝はいつからそんなユーモア溢れる作品を作れるようになったのでしょうね〜(笑)、映像とユーモアの東芝?。右の写真はマンモスラボのオレンジゾーンで展示されている東芝創業者の田中久重作の万年自鳴鐘(のレプリカ)。和時計すごい!  (05/05/29)
 
  

 




トップページ(うまうまねっと)へ


Copyright(C)2003-2005 http://www.umaumanet.com/, All Rights Reserved.