なんで馬に乗るの? 〜馬術を極める〜

◆乗馬を楽しいと感じている自分の姿はどんなもの?

あなたはなぜ馬に乗っているのでしょうか?

あなたは馬に乗ってどこまでいくのでしょうか?

これはいざ鎌倉とか、指輪を捨てに山まででもよいですが、

乗馬を始め半年後、1年後、2年後・・・に

どのように上達して乗馬を楽しんでいるかをイメージしたことがあるか

を問うてます。

◆なりたい自分をイメージしよう 〜Wish List〜

乗馬をする方が描くなりたい自分の姿は以下のようなものがあると思われます。

 ・ 躍動感ある駈歩で草原をさっそうと走ってみたい
 ・ 暴れん坊将軍の様に海辺を爆走したい
 ・ 馬とふれあい仲間と一緒に騎乗を楽しみたい
 ・ 旅行先の高原や砂浜で外乗を駈歩で楽しめるようになりたい
 ・ 乗馬ライセンス3級、2級・・を取得したい
 ・ 障害飛越できるようになりたい
 ・ 馬場馬術の競技会に出て入賞したい
 ・ 障害飛越の競技会に出て活躍したい
 ・ 日本代表になりオリンピックに出場したい
 ・ 乗馬クラブ通いから始め将来騎手になりたい
 ・ 乗馬にかかわる仕事をやっていきたい
 ・ 生涯乗馬をやり続けたい
      ・・・etc
目指すところは人それぞれ。
どうですか?あなたは心に思い描く未来の自分の姿をイメージできますか?

トップページ(うまうまねっと)へ戻る

夢や望みを持つのはとてもいいことであり、「オリンピックに出るんだ」と突き進むのもよし、
馬とふれあい仲間と楽しく騎乗するのもよし、
ライセンスをとって競技会で活躍するよう練習に精を出すのもまたよし。
そういったなりたい姿をイメージして自分の中に持つことが大切であり、
ある意味そこからが乗馬人生のスタートだとも言えます。

その際心に思い浮かべるイメージは自分が憧れるものであればあるほど良いです。
追い求めるものが心を惹きつけてくれる限りモチベーションを高く保て
夢や望みの実現に向けた持続力を発揮し、
必ずや継続的な上達をもたらしてくれることでしょう。

◆まずは欲せよ、後は実現に向けて突き進むのみ

◆目的を決めたら次は目標を決めよう。まずは駈歩?その後は?
 上記の Wish List のような目指すところ(目的)を明確に持ちましたら実現に向けて突き進みたいところですが、具体的には一体何をすればよいのでしょうか。次はそれを実現するために具体的な実現計画(目標)を書き出してみましょう。文字にしていくと考えが良くまとまりやる気がでます。目標としては「いつまでに」 「何を」 「どの程度やる」 かを書きましょう。

例えば
(いつまでに)   2年以内に
(何を)       乗馬ライセンス
(どの程度やる) 3級を取る

または「40鞍目から駈歩レッスンを始めるためにその前までに速歩(軽速歩、正反動)での図形運動を安定してできるようにする」など。

これで目指すところが決まり次回のレッスンから目的意識をもって騎乗できますね。
目標を持って一歩一歩着実に馬の乗り方を習得し、楽しく乗馬をしているイメージを思い描いて自分をモチベートしていきましょう。

⇒ 目標を実行したい人は まず、 効率の良い上達とは へ

「 馬術を極める 」のトップページへ戻る





Copyright(C)since2003 http://www.umaumanet.com/, All Rights Reserved.




トップページ(うまうまねっと)へ