漆・うれしい・てん

トップページ(うまうまねっと)へ
 友人の漆芸家が独立後初のグループ展を千葉県の柏市でひらきました。漆でも乾漆といって木ではなく麻布などを漆と重ねて形を作り上げていく手法であり、木ベースの漆器より変形しづらく長くもつ特徴を持ってるとのこと。湿度・温度の変化のある海外などに持っていっても末永く楽しめます。手にとってみればその軽さは絶妙で作り手の精巧な仕事ぶりが伝わってきます。こんな漆器で和食やお茶菓子を食べる和なスタイルに憧れますね。若き20代の新進気鋭の漆芸家たち。共に工房で修行した技術は確かで、おのおのが経験・習得してきた技術と感性を併せて生み出される独創的な作品たちは独立したこれからの活躍を充分に期待させてくれます。初のグループ展をみさせてもらい同じ20代として私ももっともっとがんばろうと大きな元気をもらいました(私は漆芸家ではないです)。グループ展は2/27まで行っているとのこと、ご興味をお持ちの方は是非とも足を運んでみて下さい。応援の気持ちとサイン代わりに独立初期の作品を売ってもらおうかな。。手が届くうちに(笑) (05/02/19)
新進気鋭の20代の4名の漆芸家によるグループ展。正に同じ釜の飯を食った仲(カレー・・←裏話?)。おのおのの歩んできた人生の色が作品にあらわれていると感じました。
乾漆作品と各作者のプロフィールボードが展示されています。夫婦碗、ぐいのみ、お盆、箸置、小皿などの食器だけでなく写真右下にあるような栗の一輪挿しのような花器(とてもかわいい。。)、指輪、オブジェのようなインテリアもあります。手にとってみると漆器が醸し出す雰囲気、精巧な仕事に魅せられます。
 
展示スペースはこの喫茶店の一角にあります。ブレンドコーヒーがとってもおいしかったです。お店のマスターもやさしそうな方で落ち着けるお店です。
店内は写真の様に天窓や梁(樫の木?)や絵画で装飾され芸術色濃く、漆展を行うのにいい感じ。
  
ちょっと隠れ家な雰囲気のする喫茶店です。お店の入り口にかわいい熊の彫り物がありますね。
漆・うれしい・てん 開催場所 

 喫茶・樫の木
 
  展示時間 12:00〜夕方

  千葉県柏市中新宿3-1-6 tel.04-7175-7854 

   喫茶でゆっくりとコーヒーを飲みながら作品をお楽しみいただけます。


アクセス

 私は車で行って適当に周辺に止めるところを探しましたが以下が案内の葉書でした。


 常磐線北小金駅、南柏駅より東武バスをご利用下さい。

 北小金駅南口 ⇔ 南柏駅東口     「庚申塚」下車
 東武バス@番    東武バスC番
 乗り場        乗り場


すみません、デジカメ貸していて携帯で案内葉書の写真を撮りました。
喫茶・樫の木は旧水戸街道沿い、行念寺の近くですね。
 
トップページ(うまうまねっと)へ




Copyright(C)2003-2005 http://www.umaumanet.com/, All Rights Reserved.